2010年08月08日

Expresso 2010

来て下さった皆様。出演者の皆様。ハポンの皆様。
ありがとうございました揺れるハート
楽しい時間を過ごす事ができましたexclamation

主催&出演者なのでろくに写真を撮る事ができませんでしたが、
ご報告です。

Fabio&Masaoのブラジル音楽クリップ集がキャンセルになってしまったので急遽ゼジさんにオープニングDJをお願いしたのですが、さすがゼジさんわーい(嬉しい顔)ばっちり盛り上げてくれましたexclamation

途中まで流れていたかっこいいロックバンドの映像はLOS HERMANOSの物です。
何人かの方にこのバンドもブラジルなの?と聞かれたので紹介です。



ゼジさんのDJであった"ホネイ・ジョルジと自転車泥棒"と"Karina Buhr"がとても良かったです。紹介のトークもよかったので他にも買いたい物が増えてしまったのに。。。
買いそびれてしまった!ダッシュ(走り出すさま)

そしてジェットさん

DSCN3048.jpg

最高におもしろかった!
初めてのお客さんもどんどん引き込まれて楽しんでられましたるんるん
時代劇の設定なのに最後の鍵となるのは恋の気持ちハートたち(複数ハート)!練られた筋書きと演技力に感動ですどんっ(衝撃)
仁さんの第一声もジェットさんの素晴らしいパフォーマンスについて!でした。

そして中原仁さん手(チョキ)

DSCN3058.jpg

圧倒的にプロフェッショナルexclamation×2
集まったお客さんの心をグッとつかみ、一体感を生んでいました。
全く飽きさせない45分間。
お客様も感心&感動しておられたようで、
「次回もこういった催しをしてほしい!」
と声が上がっていました手(チョキ)

アートとブラジル音楽といったテーマでカエターノトンゼー、モレーノドメニコカシンアドリアーナカルカニョットパルチンピン等の音楽家の紹介。
普段僕たちが知り合いにブラジル音楽の多彩さを紹介したくてもどう伝えたら良い物かと悩んだりするのですが、
さすが仁さん、普段あまりブラジル音楽を聴かない方にも玄人の方もうなってしまうトーク&レア映像。
伝わり方的確だなーと思ったのが、名古屋のミニマガジン"スコップ"上原さんの発言。
「ブラジルでは一人の人が音楽家であり詩人でありパフォーマーであるというような、多彩である事を許容できる国なんですねー。」
なるほどー。その通りですね。

Estrangeiro時のカエターノの来日公演の映像。
Talk to her でしかカエターノを知らない方が「こんなに前衛的だったんだ、新鮮!」と驚いてられたり。
トンゼーの火花パフォーマンスには映像に向かって皆さん拍手!
カルカニョットの声の良さにも皆さんいやされていた模様。

見事ブラジル音楽の奥深さが皆様に伝わったようでしたぴかぴか(新しい)

仁さんが終わった後の皆さんの和やかな
あー良い物を見た、聞いたという 幸せな余韻の時間もまた印象的でした。

僕たちもそういった空気を生み出せるように頑張りたいです!
仁さんから飛び上がってしまいそうな嬉しい告知もありました!!!

そして私たちナルコの出番。
新旧取り混ぜつつがんばりました。
河本さんの映像もとても評判でした。
twitterとかでも「映像よかったなー」って言う声が多かったです。
何人かの方からは「ナルコパワーアップしたね」といってもらえたので嬉しかったです。

僕らのライブの模様です。
iphone のカメラでの録画です。
常々ぼくはカメラを撮るのがヘタクソだと言われているのですが、
今回も案の定、河本さんの映像は下半分のみ。ナルコも全員映らずとなっておりますが...
良かったら見て下さいねー。











僕たちの終演後にはExpresso2010名付け親の Fabio が若くてセンスよくてかっこいいブラジル音楽をDJでかけてもりあげてくれました音楽オブリガード!今度はもっと長い時間聴いてみたいですグッド(上向き矢印)

それでは皆様
ありがとうございましたー。
posted by NARCO at 18:14| Comment(0) | ライブの報告! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。